【乙訓郡大山崎町】おすすめスポットを紹介します!

【乙訓郡大山崎町】おすすめスポットを紹介します!

乙訓郡大山崎町について

乙訓郡大山崎町といえば京都府の南部で大阪府に面し、面積は小さくても歴史や文化があります。
天王山という言葉はここから生まれ、豊臣秀吉が明智光秀を破った山崎の戦いが行われたことにちなんでいます。
サントリー山崎蒸溜所があり、ウィスキーの発祥の地としても有名です。

乙訓郡大山崎町のおすすめスポット

大山崎山荘美術館

美術館本館の大山崎山荘は関西の実業家の加賀正太郎の別荘として建てられました。
100年の歴史があります。加賀正太郎はニッカウヰスキーの創業に参画し、晩年に株をアサヒビールの初代社長に託してそれが現在の美術館に受け継がれました。
ビールとウィスキーという新たな文化を日本にもたらし、3つの川が合流する大山崎の地でひとつになります。
加賀正太郎は1954年に亡くなりますが、老朽化した建物をアサヒビールが山荘を復元して美術館として公開しました。
1996年に創業当時の姿に修復して開館し、美術館としてビールとウィスキーの原点だということを伝えています。
おしゃれな建物が特徴の美術館で、当時の面影を残しながらさまざまな作品を鑑賞できることが魅力です。

離宮八幡宮

離宮八幡宮は石清水八幡宮の元社にあたる神社で、859年に清和天皇が国家安泰のため宇佐神宮から平安京の守護神として奉安しました。
1000年後の1864年の禁門の変で攻撃を受けて消失しましたが、1986年に製油メーカーを中心とした油祖離宮八幡宮崇敬会によって再興されました。
日本における製油発祥地とされ、大山崎油座の制度で荏胡麻油の販売権を独占して栄えていました。
神殿には油の一斗缶や一升瓶が備えられ、製油業の関係者が参拝することでも有名です。
料理に使う油の原点を知る場所になり、参拝をすると感慨深くなると思います。

観音寺(山崎聖天)

観音寺は平安時代の899年に宇多法皇が創建し、その後は衰退しましたが江戸時代初期に摂津勝尾寺の僧の木食以空によって再興されました。
歓喜天を鎮守として祀り商人から信仰されましたが、禁門の変では事前に避難させた本尊の十一面千手観世音菩薩と歓喜天像以外を残して焼失しました。
現在の建物は明治時代に再建され、境内には桜が多く植えられて春になれば桜の名所としてにぎわいます
天王山の麓にあるなど歴史を感じ、景色が良い場所としても人気が高いです。

レリッシュ食堂

レリッシュ食堂は2019年10月11日にオープンし、カフェとランチを味わえます。
カフェは地元の大山崎コーヒーロースターズの焙煎豆を使ったコーヒーを味わえ、ランチは予約優先で人気があります。
童仙房の和紅茶も女性に人気で、カフェは予約なしでも立ち寄れます。
大山崎といえば名水の町としても有名で、季節のお昼ごはんなど素材にこだわったメニューや子連れでも楽しめるようお子様ランチもあります。
ランチは2部入れ替え制のため予約は必須ですが、おしゃれな建物の中で個性的なメニューを味わえることが特徴です。


Warning: file_get_contents(): SSL: Connection reset by peer in /home/formosa1/kyoto-eiyoushi.net/public_html/wp-content/themes/lionmedia/sidebar.php on line 3

Warning: file_get_contents(): Failed to enable crypto in /home/formosa1/kyoto-eiyoushi.net/public_html/wp-content/themes/lionmedia/sidebar.php on line 3

Warning: file_get_contents(https://eiyoushi-navi.net/wp-json/custom/v1/posts/): failed to open stream: operation failed in /home/formosa1/kyoto-eiyoushi.net/public_html/wp-content/themes/lionmedia/sidebar.php on line 3
NEW 新着求人
求人検索