【京都市北区】新大宮商店街と周辺のおすすめスポット

【京都市北区】新大宮商店街と周辺のおすすめスポット

京都市北区について

京都市北区は歴史あるお寺や神社が点在し、周囲に学校も多いことから古いものと新しいものが混在した活気あるエリアです。
古くからある商店街がいまもしっかりと地域の生活をささえており、情緒ある静かで暮らしやすい街をご紹介します。

京都市北区のおすすめスポット

新大宮商店街

新大宮商店街は北大路通から北山通までをまっすぐつなぐ大きな商店街です。
歴史とともにお店の入れ替わりはありますが、古き良き個人商店がたくさん残っており、毎日の買い物には最適です。
北大路通から北山通まで、北に向かってまっすぐ上りになっているので、まさしく京都言葉のあがる(北に行く)、さがる(南に行く)そのものを体験できます

衣・食・住なんでも揃いますが、特に魅力的なのは食料品をあつかうお店です。
床がタイル張りだったり、ガラスケースにお肉が並んでいたりと昔懐かしい雰囲気のお店が今でも元気に営業しています。
年末になると京都名物「棒鱈」(マダラを干した保存食)が店頭に並び、その大きさにびっくりさせられます。

雰囲気のいい和菓子屋さんを覗いて季節の和菓子を見つけるのもいいです。
また、飲食店も多く、朝食から夜の居酒屋タイムまでいつでも使えるお店があります。
見て歩くだけでも楽しい新大宮商店街、ちなみにとても距離が長いので、端から端まで買い物しながら歩くとけっこう時間がかかります。

大徳寺

大徳寺はいわずと知れた、一休さんこと一休宗純のいたお寺です。
なんといっても境内が広いので、時間をたっぷりととって散策するのがおすすめです。
アクセスはバスが便利です。京都駅からでも、地下鉄北大路駅からでも、市バスの205・206など使い勝手のいい路線が複数通っています。
バス停の名前も「大徳寺前」なので、とても分かりやすいです。

大徳寺の境内にはいつでも入れますが、すべての建物を公開しているわけではありません
年に数回、特別公開としていくつかの塔頭が拝観できますので、見たいお寺がある場合は事前に調べてから行くといいでしょう。
特別公開の期間でなくても、広い境内を歩くだけでも充分楽しめます。

春や秋の景色が美しいのは言うまでもありませんが、ぜひ見ていただきたいのは初夏の大徳寺です
新緑と重厚な土壁のコントラスト、足元の砂利にうつる木洩れ日、竹林を渡る風の音など、五感を楽しませる京都ならではの贅沢な空間です。
また、ハイシーズンに比べて人がすくないのも嬉しいところ。
砂利道を歩くことになり、日陰や休憩所も少なめなのでぜひ履き慣れた靴と帽子か日傘でお出かけください。

今宮神社

今宮神社は別名「玉の輿神社」と呼ばれ、1000年の歴史を誇る格式高い神社です。
朱色の大きな鳥居が印象的で、ふだんはとても静かなたたずまいです。
今宮神社が賑わうのはなんといっても4月の「やすらい祭」です。
これは春暖かくなると流行する疫病を鎮めるためのお祭で、平安時代に始まったと伝わります。
京都の三大奇祭の1つといわれ、当日は大勢の観光客が訪れます。
頭に赤と黒の飾りをつけた地元の少年たちが地域を練り歩き、最後に今宮神社に詣でて踊りを奉納します。
踊りといっても、おめでたい雰囲気ではなくすこし不気味なほどの踊りです。
見物の人たちもじっと見つめる中、円を描いて踊り、飛び跳ねます。

今宮神社を訪れたら、名物の「あぶり餠」を食べていきましょう。
今宮神社の境内に、狭い道をへだてて「かざりや」「一和」の2軒が向かい合っています。
あぶり餠は細い竹の串に小さな餠を刺し、炭火であぶってみそ味の甘いタレをかけたものです。
一皿に10本ほどで、女性でもぺろりと食べられる癖になる味です。
地元の人は「私は一和」「私はかざりや」とごひいきを決めている人もいます。機会があれば食べ比べも楽しいですよ。


Warning: file_get_contents(): Failed to enable crypto in /home/formosa1/kyoto-eiyoushi.net/public_html/wp-content/themes/lionmedia/sidebar.php on line 3

Warning: file_get_contents(https://eiyoushi-navi.net/wp-json/custom/v1/posts/): failed to open stream: operation failed in /home/formosa1/kyoto-eiyoushi.net/public_html/wp-content/themes/lionmedia/sidebar.php on line 3
NEW 新着求人
求人検索