【綾部市】歴史と機械産業の街の有名スポット

【綾部市】歴史と機械産業の街の有名スポット

綾部市について

綾部市は京都府の北部の山に囲まれた場所にあり、絹織物が有名でグンゼの発祥の地として有名です。
平安時代には多くの荘園があり、鎌倉時代には上杉重房が足利尊氏の親族になり将軍家として安国寺が置かれました。
地名の由来は、古代には丹波国漢部郷と呼ばれ江戸時代初期までは「漢部」と記されていました。
また、古代には綾織りを職とする漢部が居住したことに由来し、朝鮮半島から渡来した漢氏が支配した部と歴史があります。

綾部市のおすすめスポット

安国寺

安国寺は室町幕府の初代将軍の足利尊氏により創建され、産湯の井戸や母の墓も残されています。
本堂には国の重要文化財に指定された釈迦三尊坐像なども多く所蔵し、綾部の歴史を伝える貴重な文化遺産としても有名です。
境内は紅葉で色付くことでも有名で、秋の行楽シーズンには多くの観光客が訪れています。
安国寺もみじ祭りが行われるなど歴史と自然を味わえ、2020年の大河ドラマの麒麟がくるの舞台にもなっています。

グンゼ博物苑

グンゼ博物苑は創立100周年を記念して1996年に大正時代に使用していた繭蔵を改造して開苑し、会社のあゆみを以下の3つの展示蔵で紹介しています。
展示蔵は創業蔵、現代蔵、未来蔵とあり、建物や機械や資料などを集めて製糸業との関係などを紹介して歴史を研究できることが特徴です。
あやべグンゼスクエアは2014年にオープンして地元の特産品を集めるあやべ特産館や地元のボランティアで維持管理されている綾部バラ園があります。
建物も当時の面影を感じさせてくれるもので、綾部の歴史や伝統を知るために行くと観光客が多いです。
春にはバラ祭りが行われるなどユニークなイベントもあり、グンゼの発祥の地としての文化と一緒に楽しめます。

私市円山古墳公園

私市円山古墳は大型の円墳で、京都府内では最大の規模になり墳丘は全長で81mで高さは10mあります。
墳頂部の中央から発見された木棺内から、短甲・冑・錣・鉄刀・鉄鏃・農工具・鏡・玉類などの副葬品が出土しています。
古墳は平成6年3月に国史跡に、出土品はその10年後に府指定文化財に指定されました。
現在では公園として整備されて憩いの場所として注目され、市外からも多くの観光客が訪れていることが特徴です。

綾部バラ園

綾部バラ園は2010年に市制60周年を記念してオープンし、あやべグンゼスクエアに併設されています。
春と秋には120種類で1200本のバラが咲き乱れるなど色鮮やかで、市民ボランティアによって維持管理されるなど地域に密着しています。
アンネのバラはシンボルとしても有名で、バラまつりの期間中には苗木の販売もあり人気が高いです。
5月下旬から6月下旬まで春のバラまつりがあり、10月中旬から11月中旬には秋のバラまつりが開催されます。
バラが好きな女性にも色鮮やかなバラは人気が高く、グンゼの発祥の地としてのシンボルのグンゼ博物苑に併設されついでに立ち寄るには最適です。


Warning: file_get_contents(): php_network_getaddresses: getaddrinfo failed: Name or service not known in /home/formosa1/kyoto-eiyoushi.net/public_html/wp-content/themes/lionmedia/sidebar.php on line 3

Warning: file_get_contents(https://eiyoushi-navi.net/wp-json/custom/v1/posts/): failed to open stream: php_network_getaddresses: getaddrinfo failed: Name or service not known in /home/formosa1/kyoto-eiyoushi.net/public_html/wp-content/themes/lionmedia/sidebar.php on line 3
NEW 新着求人
求人検索