【京田辺市】楽しくなれる観光・グルメスポット

【京田辺市】楽しくなれる観光・グルメスポット

京田辺市について

京田辺市は、京都の南のエリアにある人口7万3千人の都市ですが、大阪や奈良と隣接しており、ベットタウンとしての色合いの強い地域でもあります。
では、この街でどんな観光スポットや心を楽しくしてくれるグルメスポットがあるでしょうか。

京田辺市の観光スポット

酬恩庵

京田辺市で有名な観光スポットでは、酬恩庵が有名です。
別名「一休寺」とも居られているお寺ですが、「一休」と聞くと、ピンと来る人もいらっしゃると思います。
そう、あのトンチ坊主で有名たっだ「一休さん(一休禅師)」が1456年に元々妙勝寺というお寺を盛り返して建てたのが、「酬恩庵」です
門を通り抜けると、石畳の参道がしばらく続くのですが、1年を通じて、桜からもみじ、つつじ等の自然尾の木々の美しい光景が広がってきます。
ここにある建物の多くは国の重要文化財に指定されていて、一見の価値があります。

大御堂観音寺

普賢寺とも呼ばれている観音寺も必見です。
ここには国宝に指定されている十一面観音が安置されているからですが、木心乾漆の姿に非常に心を打たれる人も少なくないでしょう。
しかも、この観音様は、ガラス越しに見るのではなく、実際間近な距離で拝観できるので、とてもおすすめです。
タイミングが良ければ、その歴史的な背景を住職さんに教えてもらえることができます。

寿宝寺

寿宝寺では、十一面千手千眼観世音菩薩立像を拝観することができます。
千手観音様というと、実際には1000本の手があるわけではありませんが、この観音様には実際に1000本の手があるので圧巻です。
ちょっと残念なことは、せっかくの観音様なのですが、撮影禁止になっていること。
ありがたい恩恵のある観音様をスマホの待受画面にしたい人もいるかもしれませんが、しっかりと目に焼き付けるしかありません。

ステ-キハウス タカミ

タカミのステーキは、黒毛和牛の飛騨牛を使っていて、非常に味わい深いステーキを堪能することができます。
柔らかいお肉を口の中に入れると、そのジューシーな味がパッと、広がってきます。
また、カウンター席に座ると、目の前でステーキを焼いてくれるので、見ておいても楽しくなってきます。
それでも、小さな子供さんを連れていても、目の前で調理を見れるカウンター席予約がOKなので、すごくフレンドリーなお店でもあります。

ならびや

ならびや」は、落ち着いた大人の雰囲気を醸し出した和食店で、隠れ家的な存在かもしれません。
ここでは、有名な日本酒や焼酎も取り揃えられており、新鮮な食材を使った料理を合わせて、じっくりと食の楽しみを満喫できます。
宴会コースを予約して行くと、様々な料理が出てきて、もう途中でお腹いっぱいいになりそうですが、それでも締めの「鯛めし」は、別腹と言ってもいいくらいの逸品です。
「これを食べないと帰れない」という程にグルメ通の人も唸らせる味が最高です。


Warning: file_get_contents(): SSL: Connection reset by peer in /home/formosa1/kyoto-eiyoushi.net/public_html/wp-content/themes/lionmedia/sidebar.php on line 3

Warning: file_get_contents(): Failed to enable crypto in /home/formosa1/kyoto-eiyoushi.net/public_html/wp-content/themes/lionmedia/sidebar.php on line 3

Warning: file_get_contents(https://eiyoushi-navi.net/wp-json/custom/v1/posts/): failed to open stream: operation failed in /home/formosa1/kyoto-eiyoushi.net/public_html/wp-content/themes/lionmedia/sidebar.php on line 3
NEW 新着求人
求人検索